さきおりバッグA 裂き織り製 【清春旅と空想の美術館】

(作品について)
山梨県北杜市小淵沢町にお住まいの年配女性が、古布や着物をひとつひとつ手で裂いて、昔ながらのはた織り機で何日もかけてていねいに織り込みました。素朴な風合いと、モダンな色柄は、どんな装いにも合います。

サイズ 240mm x 280mm x 80mm


(日本民芸品・裂き織りの技術とは)
江戸時代に新布使用を禁止された際に、古い着物や布を細かく裂いて織り直し再利用していた民衆の知恵の技術を駆使した美しい民芸品です。
東北から信州にかけて盛んに行われてきた裂き織りの風習は、江戸後期には関東から近畿にかけて広く伝わりました。
このバッグたちは北杜市小淵沢町にお住まいの年配女性の手作りです。
裂き織りは、着物から小物や敷物へ、そして裂いて織り直して雑布へとくり返し形を変えて最終的には灰になって畑の肥料となったそうです。
昔から伝わる無駄を出さないリサイクル精神のすばらしさを感じて下さい。

¥ 8,100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 着払

    着払いにて商品を発送致します。配送会社指定がある場合はご連絡下さいませ。

    全国一律 0円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。